格安SIM・格安スマホへのMNP転入ガイド!

格安SIMメイン画像

日本最大のモバイルマーケティングリサーチ機関【MMD研究所】の「2016年スマートフォンの利用料金に関する調査」によると、大手3キャリアのユーザー月額平均は7,433円となっており、スマホ通信費は多少の減少傾向にはありますがまだまだ安い料金とは言えません。

一方の 格安SIMユーザーの月額平均は2,067円と、大手キャリアと比べると5,000円以上の開きがあります。 では、大手キャリアには格安SIMを5,000円分上回るほどの価値とサービスを提供しているのかというと甚だ疑問です。

大手キャリアの現在の料金に特に不満もない方もおられますが、

・スマホをあまり使わないのに月に1万円ほどスマホ料金がかかっている方

・そろそろ子供にスマホを持たせようと思っている方

・大手キャリアでのスマホ運用が馬鹿らしいと感じる方

こういった方には正直言って大手キャリアでのスマホ運用は損です。

先ほどの調査結果にもあったように格安SIMなら月額2,000円程度でスマホを運用する事も可能ですので、格安SIMへのMNP転入を検討してみるのがベターな選択だと思います。

今おススメの格安SIM5社はこれ!

2016年夏のおススメの格安SIMはこれだ!

楽天モバイル(docomo回線)

楽天モバイルロゴ

5分かけ放題プランを打ち出している楽天モバイル!

これまでの格安SIMでの通話は高くつくという常識を打ち破る面白いプランです。5分を超えた場合も楽天でんわサービスにより通話料金が安くなるのも良い点です。通信速度も速め・基本使用料も安いです。

DMM mobile(docomo回線)

DMMモバイルロゴ

業界最安クラスの料金設定!シンプルで分かりやすいDMM Mobile!

シンプルなプラン構成の中に必要な機能はギュッと詰め込まれているのが特徴です。誰にでもおススメ出来るSIMで特に格安SIMが初めての方にはおススメです。通信速度は速め・基本使用料は業界最安クラスです。

mineo(docomo回線・au回線)

mineoロゴ

マルチキャリア・フリータンク等の特徴的なサービスを打ち出すmineo!

au回線・docomo回線を選択できる業界唯一のマルチキャリア。誰とでもデータ容量を分け合う事の出来るフリータンクなど画期的なサービスが特徴です。ユーザー間のコミュニティーサイトなども運営し、使っていて楽しいSIMです。au端末を使用している方に特におススメ。通信速度は速め・基本使用料は普通です。

U-mobile(docomo回線)

U-mobileロゴ

高速通信でデータ容量無制限プランを使いたいならU-mobile!

高速通信でデータ容量量無制限プランの使用できる太っ腹なSIM。その分通信速度の低下を感じる事が多いので、通常プランを使用する場合は他の会社を選ぶのが得策!?UQ mobileと間違えやすいので注意が必要。通信速度は普通・基本使用料も普通です。

UQ mobile(au回線)

UQ mobileロゴ

通信速度は最速!と呼び声の高いUQ mobile!

他の会社の通信速度が遅くなったり早くなったりを繰り返している中、UQ mobileは常に満足できる通信速度が出ていると評判です。安定した通信速度が必要な方はこのSIM。au端末を使用している方に特におススメ。U-mobileと間違えやすいので注意が必要。通信速度は速い・基本使用料は普通です。

MNPって? 番号を変えずに格安SIMに移行できる?

通信SIM画像

スマホのキャリアを変更する時に、電話番号が変わってしまうのがネックになってキャリアを変更する事が出来ないという方が意外と多いです。

ですが、現在は MNP(モバイルナンバーポータビリティー) という制度により、現在お使いの電話番号を保持しながら通信キャリアを変更する事が一般的になっています。

格安SIMに限らず大手キャリア間でもMNPは簡単に行う事が出来るので、電話番号については特に気にしなくても大丈夫です。

格安SIMにMNPした場合のメリット・デメリット

格安SIMにMNP移行した場合には、当然の事ながらメリットもあればデメリットもあります。

格安SIMが気にいらなければ再度大手キャリアに戻る事も簡単に出来ますが、転出する際に手続き費用等のもろもろの出費を伴います。

費用を抑えようと思って格安SIMに移行したのに、逆に余分な出費を伴ってしまっては何のために移行したのか分かりませんよね?

ですので、メリットとデメリットを正しく理解した上で格安SIMへのMNP移行を検討してみる事が大事だと思います。

格安SIMにMNPした場合のメリット

・料金が安い

・2年縛り等の面倒な制限がない

・料金プランが分かりやすい

格安SIMにMNPした場合のデメリット

・通話料金が高い

・大手キャリアに比べて通信速度が遅い

・キャリアのメールアドレスが使えなくなる

格安SIMの違いとその選び方

SIM画像

格安SIMを選ぶ際に一番気になるのがその料金ですが、格安SIMは競争が激しく最近まで激しい値下げ合戦が繰り広げられていました。その為、今は料金的にはそれほど大きな差はなくなっています。

では、他にどの部分に注目すれば良いかというと、 『通信速度』と『サービス内容』 です。

格安SIMの通信速度について

通信の安定性やその速度は大変重要なポイントになりますが、格安SIMの公式ページで説明している速度表記は「ベストエフォート方式」と呼ばれるもので最高速度の理論値を表わすものになります。ネット回線や大手キャリアでもそうなのですが、実際に理論値と同じ速度が出る事はありません。 ですので、理論値から数十分の一の通信速度になることは当たり前なのですが、この速度の低下具合が各社の通信回線の強さによって異なります。

通信速度については各社大きな差があり、下手なSIMを選ぶと通信速度が遅すぎて何をするにもイライラする!といった状況に陥る事になります。

この通信速度については、格安SIM各社の今までの運営状況から安定している(信頼出来る)ものを判断する事が出来ます。

格安SIMのサービス内容について

格安SIMのサービス内容については各社がバラエティーに富んだサービスを打ち出しています。

楽天の5分間通話し放題や、mineoの誰とでもデータ容量を分け合えるサービス等様々な物があります。

格安SIMを選ぶ場合は、通信速度の安定したものの中から自分に合ったサービス内容を持つ会社を選ぶのが効果的です。

格安SIMへのMNP切り替えの流れ

格安SIMへMNP転入を行う際に必要なものは、 MNP予約番号・本人確認証明書(免許証など)・クレジットカードの3点です。 切り替え時の連絡を取り合うためのメールアドレスが必要な会社もあります。

なおMNP予約番号には15日間の使用期限がある事に注意が必要です。格安SIM各社と契約したらなるべく早くMNP切り替え手続きを行いましょう。

格安SIMへMNP転入→MNP切り替えの大まかな流れは

現在お使いのキャリアに申請してMNP予約番号を取得

格安SIMキャリアと契約

SIMカードの配送

届いたSIMカードを差し替えて通信設定

というのが一連の流れです。

この時に格安SIMキャリアとの契約時にMNP切り替えが行われるもの(不通期間あり)と、自身でSIMカードを差し替えてMNP切り替え申請をするもの(不通期間ほとんどなし)があります。

不通期間ありの場合、大体2-3日のスマホを使用できない期間が存在しますので注意が必要です。

なおMNP切り替え方法の細かい点や不通期間ついては各社で異なりますので、各社の個別記事を参考にしてみて下さい。

格安SIMの通信速度について詳しく説明

通信速度

格安SIMの通信速度は各社バラバラだと上記で説明させてもらいました。

その一番の原因は加入者数の増減と、通信回線の増強具合にあります。

通常どこかの会社の通信速度が速いと聞くとその会社に加入者が集まり、その結果通信速度が遅くなり、不満に感じたユーザーがまた通信速度の速い会社に流れてしまうという事が起きていました。

そのため格安SIM各社の通信速度は日々変化しており、今日は早くても明日どうなるか分からないといった状況が続いていたのです。

この通信速度の低下を防ぐためには通信回線の増強を行う必要があるのですが、 信頼のおける会社は通信速度の低下を起こさないためにこの増強工事に積極的に取り組んできました。 その結果加入者数が増えてもそれほど速度の低下は起こさなくなっています。

格安SIM各社がサービスを始めてからある程度の時間も経過しているので、この増強工事などの状況に関してもある程度判断出来るようになってきました。利益を追い求めて必要な回線の増強工事を行わず通信速度が最低クラスという会社もあるので、そういった会社は選ばない様に注意したいですね。

また、新しい格安SIM事業者が参入した場合も通信回線の信頼性が全く読めないため、料金設定やサービス内容がどれだけ魅力的でもすぐに契約をしないで、ある程度様子を見る時間が必要だと思います。

格安SIM・格安スマホのおススメ端末

格安SIMへのMNP転入時に新しいスマホを購入する場合、どの機種がコストパフォーマンス的に優れているのでしょうか?

arrows画像

様々な機種がありますが、 現在一番人気のあるのはarrows M02です。 

他にはHUAWEIも高品質なスマホを開発しており人気が高まっています。

arrows M02は最新ゲーム等で高いスペックがどうしても必要な方には向きませんが、それ以外のライトユーザーの方には、現状arrowsが一番オススメの機種になります。

ほとんどのMVNOで取り扱っており、国産ブランド信頼性というのも評価のポイントです。

格安SIM・格安スマホへMNPまとめ

finger-500

以前は安かろう悪かろうのイメージが当てはまる事の多かった格安SIMですが、今では大手キャリアと遜色のないサービスを提供している会社が数多くあります。

大手キャリアのスマホのプランはとても複雑で分かりにくいものです。それほどスマホを使用していないにもかかわらずキャリアのショップ店員さんの言う通りにプランを組んだら月々1万円近くスマホ使用料がかかっているという方もとても多いですね。

こういった方は 格安SIMへMNP転入をする事でスマホ使用料が驚くほど安くなる事が多い ので、格安SIMの使用を検討してみるといいですね。

このサイトの情報を元に、貴方のお気に入りの格安SIMが見つかると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする